慰謝料とは

慰謝料とは、不法行為によって受けた、精神的な苦痛を和らげ回復する為に支払われる金銭になります(民法709条、710条)。

この慰謝料は、配偶者だけでなく、

結婚している事を知っていながら浮気、不倫をしていた相手にも請求することができます。

そして、大事な点としては、

この慰謝料というものは

不法行為によって、

精神的苦痛を受けた

場合にしか請求できないものだという点です。


すなわち、

離婚して慰謝料を請求すれば必ずもらえる訳ではないのです。



離婚の原因がDV(ドメスティックバイオレンス・暴力)や不貞(浮気、不倫)など

加害者と被害者の立場が明確な場合には慰謝料の請求はできます。

しかし、

性格の不一致や家庭内や両親との不和など、加害者と被害者が明確に判断しにくい場合には、

双方に責任があるとして慰謝料が認められない事もあるのです。


離婚のときに慰謝料としてもらえる額というのは

法律によって算出の基準がきまっている訳ではありません。

財産分与や養育費の額とも関係もありますが、

純粋な慰謝料としての金額は300万円前後が最も件数が多いといわれており、

一般人の場合は多くても500万円位となっております。


もちろん、慰謝料の金額は当事者の状況によって変わってくるものです。

一般的に慰謝料を算出する際に考慮されるのは、

・結婚生活の破綻の責任の所在

・婚姻や別居の期間

・子供の人数や有無

・親権の所在

・所有している財産や収入などの経済的要因

・苦痛の度合い(浮気、不倫の期間や、暴力の有無や頻度等)

などの様々な要因を考慮して決定することになります。


過去の裁判での判例などが参考になるでしょうが、

自分の思っている額が貰えなかった場合には、

興信所の調査費用など、離婚に伴って出費した額が慰謝料より高く、

足が出てしまったなんていうことになれば、しゃれにならない事態になります。


自分はいくらの慰謝料をもらえるのか?

いくらの養育費をもらうことができるのか?


気になる方は

このサイトのサービスを利用をすれば、すぐにわかります。

もちろん、無料です。


次回は、「養育費」についてです。





| 離婚
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。