悪意の遺棄とは

悪意の遺棄とは, 民法で定められている

「夫婦は同居し、お互いに協力、扶助し合わなければならない」

という同居義務・協力義務・扶助義務に不当に違反する事をいいます。 
   
例えば、相手方が家に帰ってこなかったり、

生活費をくれなかったり、

暴力などで相手方を家出せざるを得なくさせたり、

特に働けない理由もないのに働かない、

理由もないのに同居することを拒否する
…などの場合のことです。


もちろん、正当な理由のある別居や、仕事上の理由で家に帰れないといった場合は、

悪意の遺棄に当たりません。

言い換えれば、結婚生活、家庭生活を維持していくことに協力しない、という行動を悪意の遺棄というのです




ちなみに、少しケンカをして、夫が出て行ってしまった。

しかし、2日後には戻ってきた。

このような場合、夫は悪意の遺棄をしたと認められるのかというと

もちろん2日間出て行っているだけでは、

悪意の遺棄とは認められません。



どの程度の期間が過ぎれば、悪意の遺棄と認められるかは一概には言えませんが、

判例でも、わずか2ヶ月間で、「悪意の遺棄」に当たるとしたものがありますので、

期間の長短より、遺棄の意思が明確がどうかに重点がおかれているようです。




| 離婚
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。