不貞行為とは

不貞行為とは、配偶者のあるものが自由な意志に基づいて、

配偶者以外の異性と性的関係を持つことをいいます。

要するに、簡単に言ってしまえば、

浮気です。

もちろん、人それぞれ価値観が違いますから、

ここまでは、セーフ

ここまですると、浮気

といった基準は異なります。

ただ、ここで言う「浮気」というのは

判決を使って、強制的に離婚をさせてもかまわない

そういうレベルの浮気であるということができます。


ですから、浮気といっても、デートをするとか、キスをするといった行為は「不貞行為」に含まれません。

不貞行為というのは、あくまでも肉体関係(セックス)があったかどうかがポイントになってくるのです。

そもそも、夫婦は、「貞操を守る義務がある」と、法律で定められていますので、

貞操の義務を守れず、結婚生活を破綻させてしまったような場合、

離婚の理由として裁判所に認められるのです。

実は、離婚の裁判の中で多くみられるのが、この「不貞行為」を理由とした離婚なのです。

ただし、不貞行為を理由として離婚したい、と裁判所に申し立てる場合は、

不貞行為」を証明するある程度はっきりした証拠がなければいけないといわれています。


例えば、配偶者が浮気相手と何度もホテルに通っている証拠となる写真や、

メールの内容、クレジットカードの明細、

浮気相手と二人っきりで旅行に行っていたということを証明する証拠などが必要だといえます。

もちろん、完全に証明できなかったとしても離婚できることはあるようですが、

慰謝料や財産分与、親権などを考えれば、不貞行為の証拠があった方が有利になるといえます。

協議離婚、調停離婚を含めてそういえます。


| 離婚
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。