裁判離婚とは

裁判離婚とは、法定の離婚原因に基づき、夫婦の一方から他方に対して離婚の訴えを起こし、

判決によって婚姻を解消することをいいます。

要するに、話し合いではまとまらないので、裁判を使って離婚をしてしまうことです。

実は、離婚の中で裁判離婚になってしまう割合はわずか1%だといわれています。


そして、この裁判離婚というものは、

家庭裁判所で離婚の調停が成立しなかった場合、

夫婦のどちらかが地方裁判所に離婚の訴訟を起こし、

離婚を認める判決を得られれば離婚が成立することになります。


もちろん、、判決に納得のいかない場合は

高等裁判所→最高裁判所へと争うこともできます。

ただ、この裁判離婚というものは

常に利用できるものではないのです。


「離婚したいのだけど、相手が承諾してくれないので

裁判やって離婚します」のようにはいかないのです。


相手に、法定の離婚原因というものがないといけないのです。


法定の離婚原因とは
法律にこういう場合しか裁判離婚はできないですよ、と規定されている離婚理由のことをいいます。


法定の離婚原因としては

1.配偶者に不貞な行為があったとき。

2.配偶者から悪意で遺棄されたとき。

3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。

4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込がないとき。

5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。


の5つが規定されています。



長くなりすぎてきたので、次回からこの法定の離婚原因について

もう少し詳しく記事を書いてみようと思います。


| 離婚
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。